夏に向けてのワキのケアにピューレパールを使い始めました。

もともとわたしは毛深いほうで、脱毛に関して神経質になっていました。

 

20歳くらいから自分で頻繁にカミソリでムダ毛処理をしていましたが、どういうわけかどんどんワキの黒ずみが濃くなってきたのです。

毛はほとんど生えてきていなくても黒ずみが気になってまた剃ってしまう、その繰り返しだったと思います。

 

 

夏場はノースリーブや水着を着る機会も増えるので、ワキの下の黒ずみがとても気になりました。

 

きちんとムダ毛の処理をしているので尚更、黒ずんでいるのが悲しかったです。

 

あるときネットの広告で、ピューレパールという商品を知りました。

ジェルタイプで、ワキの下のケアなどに使うとのことでした。

 

興味を抱いて詳しく説明を読んでみると、わたしのように脱毛を頻繁に行っている人ほど、ワキの下の黒ずみは生じやすいと書かれているではないですか。

 

 

これには驚いて、より詳しく目を通したのです。

 

カミソリやレーザー脱毛などを行うことで、そのケアこそが肌への刺激となってしまい、肌を守ろうとしてメラニン色素が尚更生成されてしまうと言うのです。

 

 

これを解消するには、肌細胞の再生力を回復させてあげることが必要であり、そのためには保湿成分をしっかりと皮膚の角質に浸透させてやることが大切とのことでした。

 

ピューレパールには美白に優れているプラセンタエキスをはじめ、コラーゲンやビタミン類、そしてトリプルヒアルロン酸といった美容成分が詰まっています。

 

 

それらを独自の方法で微粒子化してワキなどの厚い角質にも浸み込むようにされているので、使用することでワキの下の黒ずみのケアにもつながると言うのです。

わたしはワキのケアに関しては剃ることしか頭になかったので、こうした美容ジェルも一度使ってみようと思いました。

 

無添加なのでお肌にも優しい点も魅力的でした。

ピューレパールを使い始めてまだ1ヶ月も経っていませんが、肌がなめらかになってきたように思います。

 

わりと皮膚が敏感なのですが、ピューレパールは塗ってもヒリヒリしません。

この調子で続けて、今年の夏には自信を持って水着を着たいです。